今改めて問うバナナの健康効果

今改めて問うバナナの健康効果

皆さんは普段バナナを食べていますか。バナナというのは、国で言うとフィリピンが有名ですが、日本でも人気があります。ただ、どうでしょうか。皆さんの認識では、甘くて美味しい果物の一つや、デザートの一種ぐらいのにしか、もしかしたら考えられてはいないかもしれません。それか近年、朝バナナダイエットといったようなダイエット効果で注目されたぐらいでしょうか。

そんな認識では実にもったいないです。実はバナナは栄養価が非常に高く、以外に知られていない、隠された健康効果があるのです。バナナを食べるとこんなにも良い事があるという事実を、今日は皆さんに紹介していきます。

まず一つ目は、ズバリ、元気になるという事です。又は、体調が良くなり、パワーアップするというよう感覚でしょうか。具体的に説明すると、バナナの中の糖質には、ブドウ糖、でんぷん等、人間が物事を考えたり、行動したりする時に必要なエネルギー源となる物質が多く入っているため、エネルギー、体力が長時間持続するのです。

その証拠にK-1等で活躍した、某格闘家はエネルギー持続のために、バナナを好んで食べていたというエピソードが紹介されています。その人は、バナナをスライスして、炊いた白米の上に乗せ、その上に牛乳をかけて食べていたそうです。少し気持ち悪いかもしれませんが、その三つの組み合わせが、非常に栄養価が高く体力回復に優れているという事で、これを好んで食べていたそうです。米は無理にしても、ミキサーにバナナと牛乳を入れてバナナミルクジュースは飲み物として良いかもしれません。美味しく、栄養価、健康効果も非常に大きな飲み物です。

二つ目の健康効果としては、以外かもしれませんが、貧血に効くというのがあります。話としては単純で、まず、葉酸が不足すると貧血になると言われています。バナナには葉酸も多く含まれているという事なので、貧血に効果があるという事です。

どうだったでしょうか。まとめると、バナナには元気になって尚且つ貧血にも効果があるという二つの重要な健康効果があります。それをこんな小さな果物に入っているとは驚きですね。皆さんも是非バナナ食生活を始めてみてはいかがでしょうか。