紫外線が強くなる夏には

紫外線が強くなる夏には

美肌に関して言えば、シワ、シミたるみ、など年齢とかもに、女性はたくさんの悩みが浮上してきます。中でも、1番お肌に悪いとされるのは、やはり紫外線です。

紫外線は、5月からとても強くなります。夏の間はもちろん、年中私たちの肌は、紫外線にさらされています。また曇りや雨の日だからと言って、UVケアを怠ってはいけません。

家の中でも、紫外線にはα波、b波があります。紫外線はガラスを通してお肌に侵入してきます。そしてお肌に、メラニン色素を作ります。メラニン色素は、28日周期でお肌の表面に上がってきます。

しかし、クレンジング、洗顔できちんと汚れを落とさないと、お肌には、汚れが蓄積して、メラニンがうまくはがれません。その汚れが、シミの原因になります。そしてシミが、どんどん濃くなるという結果につながります。
なので、お肌にとってはクレンジング、洗顔は、とても重要な役割をします。

化粧品の中で、1番お金をかけるべきなのが、この洗顔だと言われています。どんなに高級な化粧品を使っても、この洗顔方法を間違えれば、お肌の中には浸透しません。
お肌は排泄器官になります。加齢によるシワの数が、10本だとすれば紫外線によるシワの数は、8本と言われています。

つまり生まれてきてから死ぬまでに、いかに紫外線を避けて通るかと言うことが、キーポイントになり美肌につながります。またメラニン色素は、食べ物によっても左右されます。

夏の食べ物で代表的なのが、きゅうりです。おそばもですが、食べた直後に外に出ると紫外線を吸収しやすいと言うことが、報告されています。また体の中の食べ物も大変重要な役割をします。

ビタミンCを、積極的に取ることにより、体内の活性酸素がなくなり将来的に起こるシミの数が減るとも言われています。

やはり美白になるには1日にしてならずです。日々のUVケアや、食生活が大切な役割がします。ある研究結果から生まれてから18歳までの間に一生分のメラニンの量が決まるとも言われています。積極的なUVケアをお勧めすることが美肌への近道です。