石鹸洗顔はお肌に良いか悪いのか

石鹸洗顔はお肌に良いか悪いのか

洗顔用石鹸


様々な洗顔料がある中で、昔からあるアイテムが石鹸です。石鹸での洗顔はお肌が乾燥する、石鹸は刺激が強い、という評価がある一方で、石鹸洗顔がお肌に良い、とする評価もあります。一体、どちらが正しいのでしょうか?正解は、どちらも正しい、です。

一見矛盾しているようにも思えますが、実は仕組みはとても単純です。石鹸洗顔のメリット・デメリットは、そのままアルカリ性の特徴と繋がっているのです。

つまり、アルカリ性のしっかりとした洗浄効果により汚れをしっかりと落とし、肌を清潔な状態に保てるという点が石鹸のメリットであり、そのしっかりとした洗浄成分が効き過ぎてしまい乾燥を招いたり刺激を感じてしまう点が、石鹸のデメリットなのです。

もう少し詳しく解説しましょう。そもそも洗顔の目的は「汚れをしっかりと落としてターンオーバーを正常に働かせる」という点にあります。この点を充分にクリアできるのが石鹸での洗顔です。

石鹸で洗顔した場合、角質を不用意に剥がさないため、角質は本来の役目を果たしてから自然と剥がれ落ちる事になります。これが、ターンオーバーを正常に働かせる、という事です。この様な仕組みが出来上がった肌は、本来持っているバリア機能も充分に発揮されるため、結果としてとても健康的な肌になるため、石鹸洗顔はお肌の為に良い、と判断できます。

石鹸洗顔により、皮脂や油分が洗い流され、余分な油分が除去された事で水分である化粧水となじみやすい肌状態になります。即ち、石鹸洗顔後の肌はより多くの化粧水を受け入れてくれます。そうなれば、わざわざ化粧水前に導入美容液などを使う必要もありません。

この様に述べていくと、石鹸洗顔にはメリットがたくさんあるように思えますが、裏返せば、これらはデメリットに早変わりしてしまいます。

まず、石鹸洗顔を行う大前提として、アルカリ性の洗浄成分に耐えられる肌でなくてはなりません。つまり、敏感でデリケートな肌には、アルカリ性の洗浄成分は刺激が強すぎるのです。極度な乾燥肌の方が石鹸を使用すれば、枯渇している油分を更に奪い取る事となり、乾燥を悪化させてしまうだけです。

一方で、石鹸以外の洗顔料、特に敏感肌向けを謳った弱酸性の洗顔料はどうでしょうか。まず、石鹸以外のたいていの洗顔料には界面活性剤が使われています。洗い終わった後、界面活性剤は肌に残り肌に水分を保留するので、保湿効果があります。肌の大敵である乾燥を防いで、洗う事が出来るのです。

その分、洗浄効果はマイルドなものとなりますし、残留した界面活性剤は次の洗顔時に角質を剥がれやすくしてしまうので、あまり良いとはいえません。

極度に肌が弱く過敏になっている時期は、洗浄力の低いクレンジングクリームなどの油分で汚れを落とし、すすぎ洗顔で仕上げるという方法をお勧めします。

石鹸洗顔は肌本来の力を引き出し、健康的な肌にしてくれる良い洗顔方法です。しかし、その石鹸に耐えられない弱い肌には、逆効果となります。石鹸洗顔とは、使用する私たちの肌のコンディションに応じて上手に使い分ける必要のある洗顔方法なのです。。