ビューティーマガジンVol.6

女性のためのビューティー情報をお届けします!

エアーファンデーションという、水が主成分のファンデーションはご存じですか?いろんなメーカーから販売されているエアーファンデーションですが、女性を虜にする魅力とは一体何なのでしょうか。今までのファンデーションは油分が主成分だったので、肌荒れやトラブルに悩む女性は少なくなかったはずです。実はこのエアーファンデーション、主成分が”水”ということにはワケがあるのです。エアーファンデーションは、絵画の世界で...

様々な洗顔料がある中で、昔からあるアイテムが石鹸です。石鹸での洗顔はお肌が乾燥する、石鹸は刺激が強い、という評価がある一方で、石鹸洗顔がお肌に良い、とする評価もあります。一体、どちらが正しいのでしょうか?正解は、どちらも正しい、です。一見矛盾しているようにも思えますが、実は仕組みはとても単純です。石鹸洗顔のメリット・デメリットは、そのままアルカリ性の特徴と繋がっているのです。つまり、アルカリ性のし...

私はとてもまつげが長いです。このまつげの長さは友達から羨まれたりしますが、長いまつげは良いことばかりではありません。まつげが長いことで実際に感じるデメリットは2つあります。1つは、まつげが長くて目に刺さる、です。私はメガネをかけていますが、メガネのレンズにまつげがぶつかります。このレンズにぶつかる現象にはとても悩まされています。ぶつかったまつげが変によじれて目に刺さります。まつげの量も多いのでよじ...

今日はヨーグルト蜂蜜小麦粉パックを紹介いたします。私は思春期に入った頃からずっと肌が荒れています。仕方ないと思っていましたが大人になった今もあられが全然治りません。タバコやお酒が原因なのもあると思い、お酒はともかくタバコだけでも止めてみました。よくなったかはどうかわからないですが吸っている時よりはマシな気がします!お酒はやっぱりお付き合いとかがあるので極力飲まないようにはしていますが飲まないといけ...

現在26歳の私は、10代の頃に比べると圧倒的にメイクが薄くなりました。中でも1番昔の違うのは、アイメイクです。当時の私は、マスカラをたっぷり塗って、それでもつけまつげを2枚重ねてつけたり、とにかく細い目にかなりの負担をかけてメイクをしていました。流行りもありましたが、その時はそれが普通だとおもっていましたが今考えるととてつもないアイメイクだったと思います。写真などを見ても、笑うことしかできません。...

肝臓には大きな働きが3つあります。代謝機能と解毒作用と消化の3種類です。代謝機能は栄養素を分解、合成して体が栄養素を使いやすくするための機能です。解毒作用というものは食べ物に含まれている有害物質の毒を無くし、体の外に排出する機能です。そして消化は胆汁を作り、胆汁酸でコレステロールを排出する機能になります。美肌や美白に関わってくるものは解毒作用です。私達の生活には様々な毒素が潜んでおり、日々私達は周...

美肌に関して言えば、シワ、シミたるみ、など年齢とかもに、女性はたくさんの悩みが浮上してきます。中でも、1番お肌に悪いとされるのは、やはり紫外線です。紫外線は、5月からとても強くなります。夏の間はもちろん、年中私たちの肌は、紫外線にさらされています。また曇りや雨の日だからと言って、UVケアを怠ってはいけません。家の中でも、紫外線にはα波、b波があります。紫外線はガラスを通してお肌に侵入してきます。そ...

パッチリな瞳を印象付けるには、しなやかで濃く長いまつ毛を作るのが大切です。まつ毛は毎日のビューラーやマスカラなどを使用したメイクやクレンジングで少しずつ痛んできてしまいます。またサロンに頼らず、自分でまつ毛パーマをかけるのもあまりオススメできません。なるべくまつ毛をケアできる方法を実践していきましょう。まつ毛ケアに当たってまず見直して欲しいことは、普段使用するビューラーです。挟む部分にマスカラが付...

まつ毛が生まれつき短い、ボリュームがない...でもエクステは高いしなんて悩んだことがある方いるんじゃないでしょうか?私もまつ毛が短く何とか長くならないかと父親の育毛剤をまつ毛に塗っていた時期もありました(笑)お手軽な方法として、つけまつげ等のアイテムもありますよね!でもメイクを落とす際注意しないと一緒にまつ毛が抜けてしまうなんてことも...。そもそもつけまつげじゃエクステと違い、スッピンは誤魔化せ...

皆さんは普段バナナを食べていますか。バナナというのは、国で言うとフィリピンが有名ですが、日本でも人気があります。ただ、どうでしょうか。皆さんの認識では、甘くて美味しい果物の一つや、デザートの一種ぐらいのにしか、もしかしたら考えられてはいないかもしれません。それか近年、朝バナナダイエットといったようなダイエット効果で注目されたぐらいでしょうか。そんな認識では実にもったいないです。実はバナナは栄養価が...