ふと疑問に思うビューラー事情

ふと疑問に思うビューラー事情

ビューラーを使う女性


女性がする化粧の中で、印象の大きなポイントとの一つとなるのが、アイメイクです。今では付け睫毛や、マツエクと呼ばれる睫毛エクステンションも、幅広く取り入れられファッションとして当たり前になりつつあります。しかし一方で、自分の睫毛での化粧 を好む人も多く、筆者もその一人です。
ここでは、筆者が感じたアイメイク時の、特にビューラーの使用に関してのささやかな疑問についてお話したいと思います。


【ビューラーを握る強さは大丈夫ですか?】
現在、ドラッグストアなどで売られているビューラーの種類は実に様々です。中にはホットカーラー機能付きで睫毛を熱で立ち上げる物まであります。

みなさんが初めて化粧をしたのはいつですか?筆者がはじめてビューラーを手にしたのは、中学生時代でした。とにかく、うまくできなかった記憶があります。慣れてからも、ぎゅうぎゅうと睫毛の根元を、引っ張るかのように立ち上げていました。何だか睫毛が抜けるなーと思ったこともあります。

特に気にせず大人になり、プロの方にメイクをしてもらう機会がありました。ビューラーをしてもらった時に、驚きました。優しく柔らかいタッチで、あまり根元ギリギリからは立ち上げません。でも、睫毛はしっかりと上がっています。もしかして。私は間違ったビューラーの使い方で睫毛や、目に大きな負担をかけ続けていたかもしれない、と思った瞬間でした。それ以降、ビューラーを使うときには、強さに気を付けています。睫毛は本来、目を守るために生えています。それを、あらぬ方向に立ち上げているわけですから、負担はかかっているのです。かといって、メイクは外せないポイントです。皆さんは普段どのくらい力を入れてビューラーを握っていますか。もしかして、しっかり立ち上げたい思いで、強く握りすぎていませんか。

そして、大切な目を守るために、次の二つの点にも気を付けて頂きたいと思います。

・ビューラーは清潔ですか?
ゴミがはさまったり、抜けた睫毛がはさまったり、アイカラーが付着したりと、以外とビューラーは汚れています。

・シリコンは伸びきっていませんか?
睫毛をはさむ部分のシリコン部品が伸びていると、睫毛の立ち上がりが悪くなります。
基本的なところかも知れませんが、大切な目を守って、おしゃれを楽しみましょう。