どんなアイライナーを使ってもにじむ時の仕上げ技

どんなアイライナーを使ってもにじむ時の仕上げ技


メイクになくてはならないアイライナーですが、どこのアイライナーを使っても滲む、パンダ目になる・・・なんてお悩みの女性も多いのではないでしょうか?

大事な日にアイメイクが崩れてしまったり、急に写真を撮る事になって後から見て残念な目元で写ってしまったり。。。

「滲まない!」と謳われているアイライナーでも滲んでしまう、なんて方はアイメイクではなくまずベースメイクを見直してみてください。

肌にうるおいを残すためにしっかりスキンケアをしてファンデーションやBBクリームなど塗られる方が多いと思いますが、目尻は意外と皮脂が多かったりしてアイライナーが滲んでしまうこともあります。
この場合、いつものスキンケアの後、コンシーラーをいつもお使いの物(普段お使いにならない方はプチプラの商品でOKです。)を、目元にしっかりめになじませてください。

その後、ベースメイクのあとにアイシャドウを塗ってからアイラインを引いてください。
普段アイシャドウを使わない方は、色味のないアイシャドウ(ベージュ系)を薄く塗ってみてください。
目元の皮脂で崩れていたなら上記のメイク方法でかなり改善されるでしょう。

それでもアイラインが滲んでしまう方は・・・
瞳の水分量が多い(涙目になりがちな方)など様々な原因が考えられますが、「どうしても滲んだら困る」という方におすすめのメイク法が・・・

「アイブロウコートをアイラインの上に塗る」です。
眉メイクが消えないように眉元に使うコスメですが、目尻や下まつげの際に引いたアイラインが乾いたのを確認して、アイブロウコートを塗るだけで、効果はかなり期待できます。
この際、目の中に入らないよう注意して使用してください。

どのアイラインを使っても滲んでしまっていたのなら、ベースメイクの見直し、アイシャドウを上手く利用する。
それでもダメなら、一度アイブロウコートをお試しください。

眉メイクと併用して使ってもすぐに無くなる!というわけでもないので、コスパも良いです。