ナチュラルで崩れにくい、キレイなお肌

ナチュラルで崩れにくい、キレイなお肌

ファンデーションのノリが悪い、時間が経つと浮いてきてしまう、厚塗りになってしまい、ナチュラルな仕上がりにならない‥‥。こんなお悩み、ありませんか?メイクの基礎、土台となるファンデーション。ここで失敗すると、アイメイクやチークなども上手く乗らず、化粧が上手くいかないことも‥。そんなお悩みを解消する、キレイなお肌の作り方をご紹介いたします!

ポイントは、「ブラシ」を使うことです!
まず、リキッドタイプの下地を塗る際、ブラシを使っていきます。手の甲に適量を出したら、リキッドファンデ用のブラシを使って馴染ませます。よく馴染んだら、お肌に乗せていきます。ブラシに下地をつけ過ぎないことと、同じ方向に向かって伸ばしていくのがポイント。指で伸ばすよりも、ムラが無くなり、滑らかな肌のベースを作ることができます。また、生え際との境目ギリギリまできれいに塗ることができ、塗り残しや部分的に浮いてしまうことを避けられます。この作業が、ファンデーションのノリを格段によくしてくれます。

次に、パウダーファンデーション。ほとんどの方は、ファンデーションを塗る際、付属のパフを使っているのではないでしょうか?しかし、ここでも、ブラシを使うことによって、仕上がりがぐんと美しくなります。使うのはチークを乗せる時に使うような、密度が高く、ふわっと大きなものがオススメです。ブラシにファンデーションを付けたら、手の甲やティッシュで一度くるくると回して馴染ませます。いきなり肌に乗せることで付きすぎるのを防ぐためです。適量になったら肌にも同じようにくるくると回しながら、中心から外側に向かうように、乗せていきます。高密度なブラシの毛の一本一本の先に付いたファンデーションのパウダーが、先に作った滑らかなベースの上に、しっかりとフィットして、浮きづらく自然な肌を作ってくれます。全体に均等に乗せるのも簡単なため、厚塗りやムラも防ぐことができ、ナチュラルな仕上がりとなります。

メイクの基礎となるファンデーションは「ブラシ」を使って、美しく仕上げましょう!ぜひ、お試しください。