初心者向けにちょっとしたアイメイクのコツ

初心者向けにちょっとしたアイメイクのコツ

アイメークアップ

メイク初心者が難しく感じるのはアイメイクではないでしょうか。アイラインを引きすぎてしまったり、アイシャドウを厚塗りするときつい印象を与えてしまいますし、いくら目力をつけるといってもやりすぎはよくありません。

まず、アイメイクの基本は眉からです。眉がないと顔全体がぼんやりしてしまうので、ペンで眉が生えている方向に足していきます。ただ、メイク初心者にはペンタイプは難しく感じるのでパウダータイプのアイブロウがお勧めです。アイブロウなら自然に描けますし、はみ出てもすぐに修正できます。また、アイブロウの色を選ぶ時はなるべく髪の色と合わせるのがいいでしょう。

眉のメイクが終わったら次にアイラインを引いていきます。アイシャドウやアイカラーをつけてからアイラインを引いている方もおり、特に決められた順番はありませんが、アイラインを強調したい時にはアイシャドウやアイカラーをつけてからでもいいと思います。また、リキッドタイプは真っ直ぐ描くのにコツがいるので、初心者はペンシルタイプを選ぶといいでしょう。ペンシルタイプを選んでもアイラインが決まらない時には綿棒で少しぼかすと自然にみえます。

アイラインが引けたら次にアイシャドウを塗っていきます。アイシャドウは色によってもアイメイクの印象が変わるので、メイク全体から色を選ぶのがお勧めです。たくさんある色の中でも初心者にはピンクやオレンジ、ブラウン系が選びやすいでしょう。黒やグレー系はクールな印象を与えられ、美人メイクに仕上げられますが、ナチュラルで清楚な印象を与えるならピンクやオレンジ系を選んでおくと安心です。

そしてマスカラをつけます。マスカラはアイシャドウの前につけてしまうと粉がついてしまうので、最後に目力をアップするために使うといいでしょう。また、アイシャドウのノリが悪い、アイラインが引きにくいと感じるならアイクリームなどでしっかり保湿すると目元にハリが出て、より明るい印象のアイメイクに仕上がるはずです。