お肌を大切にする生活

お肌を大切にする生活


お肌に関する話ですが、日常的にお肌を優しく扱う事をお話します。先ずは、お風呂に入る時に身体を磨くには、タオル等か手で磨いて下さい。肌に刺激的な磨き方ならお肌を痛めてしまいますので、手で磨くか柔らかいタオル等でお肌を磨いて下さい。肌には何枚もの構造で皮膚が出来てますので、刺激の有る磨き方等やカキむしる様な刺激的なダメージをなるべく避けて下さい。余りに刺激を与えると肌が、赤くなりますので、腫れやカダレ等の原因にもなりかねませんので、軽くお肌をいたわって、刺激的にお肌を扱わない事をオススメします。

夏場は暑い時期なので、タオルは欠かさず持ちましょう汗等を軽く押す様に適度にお肌を拭いて下さい。冬場は寒い時期になりますので、乾燥肌になりますので、市販のクリーム等をお持ちになりこ豆にお肌の乾燥を防ぎましょう。タオルとお肌用クリーム等を定期的にお持ち下さい。お肌に優しい扱いをしていく事をお考え下さい。痒い所が有れば、極力カキむしる様な事を避けて下さい。お肌に影響を与えますので、痒みの有る所は余り強くかかない様にして下さい。

湿疹にかぶれや肌荒れの原因にもなりますので、極力は力強くかかない事を私生活に取り入れて見て下さい。痒みの原因は色々と出て来ますので、夏場は蚊にさされて痒みになったりしますし汗等の原因で痒みを引き起こす事の原因や目には観えない虫に依る痒みの原因等も有りますので、冬場は肌が乾燥して、カサつきがちなので、痒みに原因にもなります。

皮膚に脂 (アブラ)を塗るかクリーム等でカサ付いた肌を柔らげて下さい。後はこ豆に手の爪を切る手入れ等も忘れずに肌の刺激防止の為のお手入れをして下さい。痒みの有る所は、どうしても爪が、長いとお肌に刺激を与える事がもの凄く有りますので、常に爪はお切り下さい。満足をする程、かかない程度でかいて下さい。痒みの所を叩いたりして我慢するのも又一つの手段とも思えますが、手の爪を短くして、軽くかくぐらいが良いと思われますので、お肌に刺激防止の為の一つの扱い方法としてご検討下さい。