ニキビにできない肌作り

ニキビにできない肌作り

ニキビをできにくくするために自分で出来る対策について述べていきたいと思います。

第一に肌を清潔に保つこと。
洗顔をしっかりし、十分にお肌を保湿してあげることがスキンケアの鉄則になります。また髪の毛でニキビを隠すことは、逆に風通りが悪くなったり、整髪料によってニキビを悪化させることがあるため注意しましょう。

また洗顔をする際、生え際に洗剤やシャンプーなどが残っているとそこからニキビが出来やすくなるため、しっかり洗い流すようにすることが大切です。

次に便秘に気をつけること。
便秘になるということは老廃物を体に溜め込んでいることを示します。老廃物はニキビをつくる原因ともなりますので、水分を多く取ったり、食物繊維やビタミンの摂取やミネラルの多く含んだ食事に心がけ、便意を促すことが大切です。

また肌の天敵とも言える睡眠不足はできるだけ避けましょう。
22:00〜2:00くらいまでの時間はお肌を新たしくするための大切な時間です。その時間帯にしっかりと睡眠を取ることでお肌を休ませ新しい肌にできるためニキビをよせつけにくくなります。睡眠不足が続いてしまうと体調を崩す上に栄養が行き渡らず肌はボロボロになる一方で、それだけの老廃物を溜めた状況ではニキビも出来やすくなるため気をつけることが大切です。

最後に新陳代謝を良くすること。
汗の出にくい人や、冷え性の人は血行が悪く老廃物を溜め込みやすい体質になっています。そのため、適度な運動をして汗を流したり、リンパマッサージにより、循環をよくし、血行をよくすることで、お肌に必要な栄養を行き渡らせることが大切です。

また適度に運動をして汗をかくことは、肌に溜まっている老廃物も一緒に出してくれるために、肌が新しくなり、乾燥やむくみを軽減することもできるため、一石二鳥です。

ニキビを防ぐためとはいうものの、基本は生活習慣を正すこと、それが一番よりよい状態の肌を保つ一番のポイントになります。そのためこれらのことを心がけながらニキビを防ぐための生活習慣を身につけましょう。

チェックポイント