活性酸素の増加を防ぐ

活性酸素の増加を防ぐ

老化を阻止し、いつまでも美しくありたいと女性なら誰しも願うものです。また、健康や美容の為にも食生活に気を配ったり日常に運動を取り入れるなどする人は少なくありません。
しかし、実は頑張り過ぎというのは良くないのです。


【疲れによる活性酸素の増加】
人間の身体で発生する「活性酸素」は、活動量が増えると多くなります。運動は若々しい身体を保つ為に良いからと、自分の力の範囲以上にジムで頑張り過ぎたりするとかえって疲労がたまり活性酸素を除去する力が低下し活性酸素が増えてしまいます。そして長期的にこの活性酸素の害にされされてしまうと細胞や組織が酸化してしまうのです。この酸化が老化の要因となってしまいます。
老化の速度を遅らせるには、活性酸素を増やさないような生活を心がけることがポイントです。


【ストレスを緩和する事の重要性】
ストレスを受けると、ストレスに対抗する為に「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。そして、このホルモンの分泌と分解の過程で、活性酸素が発生してしまいます。また、緊張などを長時間伴う場合、血管が収縮して一時的ではありますが血流が阻害されます。その後、血管が拡張し血液が勢いよく流れると大量の活性酸素が生じてしまうのです。そして、ストレスを感じると身体は抗酸化ビタミンとも呼ばれている大事な成分であるビタミンCを大量に消費してしまいます。
ストレスを軽減することが、老化を食い止め錆びない身体をつくる第一歩とも言えそうです。


【意識的に抗酸化作用がある食品を摂取する】
どれか1つ食材ばかり摂るのではなく、それぞれ食材によって含まれている抗酸化物質は異なるので、できる限り色々な食材を取り入れるようにします。
抗酸化作用の高い成分として水溶性のビタミンで血液の中で抗酸化作用を発揮してくれる「ビタミンC」や、活性酸素を抑制する効果のある「ビタミンE」、高い抗酸化作用をもつ「ポリフェノール」など、少しだけ意識して日々の食生活にプラスするだけで活性酸素の増加を防ぐことが可能です。
ストレスを感じたら、まず心も身体も充分に休ませて、いつまでもイキイキと若々しくありましょう。

フルーツ